野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

プロが語るキャッチボールの大切さ その真意とは?

最近になり、プロとアマの壁が少しずつなくなり、プロ野球経験者がアマチュア選手に指導する機会が増えた。このオフもたくさんの野球教室があり、小学生から大学生、大人までもプロの技術を体感することができた。

20150126_matsui

「一番はキャッチボール」

 最近になり、プロとアマの壁が少しずつなくなり、プロ野球経験者がアマチュア選手に指導する機会が増えた。このオフもたくさんの野球教室があり、小学生から大学生、大人までもプロの技術を体感することができた。

 そのような場で子供たちからの質問コーナーに耳を傾けてみると「野球をやる上で一番大切な練習は?」「うまくなる方法は?」など練習方法についての質問が多く寄せられている。

 その際、プロはこう答えている。

「一番はキャッチボールです。キャッチボールを大切にしてください」、と。

 地元では中学生の頃から大きな体で有名だった松井秀喜氏は「きちんと胸に投げているかどうかとか、キャッチボールを見るだけでチームのレベルが分かった」と話したことがある。イチロー外野手もキャッチボールを「技術の確認のひとつ」と位置付ける。今でも練習で1球も無駄にしてはいない。1球1球に狙いを持って、強いボールを投げたり、時にはカーブ、山なりのボールなどを投げている。それほどキャッチボールには野球のあらゆる要素が凝縮されている。

 肩のウォームアップだけではない。1球1球がすべての試合につながっていると言っても過言ではない。こんなエピソードがある。

人気記事ランキング