野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • イチロー
  • イチローとマーリンズの契約交渉の裏側 「電話会議」と「特別な4番目」

イチローとマーリンズの契約交渉の裏側 「電話会議」と「特別な4番目」

マーリンズのマイケル・ヒル強化責任者は、Full-Countの取材に対して「オリオールズが最優先という情報もあったけれど、我々は猛プッシュをした」と満足げに話した上で、興味深い事実を明かしている。

20150130_hill

「イチローは監督とすでに話をしている」

 メジャー15年目を迎えるイチロー外野手のマーリンズ入団が正式に決まった。第4の外野手としてスタートする可能性が極めて高いだけに、十分な打席数を得られるのかは未知数。メジャー通算3000本安打まで156本、ピート・ローズの持つ歴代最多安打記録(4256本)まで134本と金字塔が迫っていることもあり、その起用法については大きな注目が集まっている。

 イチローの代理人を務めるジョン・ボッグス氏は当初、新たなチームを探す上での条件として「出場機会の確保」を掲げていた。粘り強く待てば、オリオールズのようにレギュラー右翼手を探すチームと契約するチャンスもあったかもしれない。だが、最終的には第4の外野手としてオファーしてきたマーリンズへの入団を決めた。

 なぜなのか。

 マーリンズのマイケル・ヒル強化責任者は、Full-Countの取材に対して「オリオールズが最優先という情報もあったけれど、我々は猛プッシュをした」と満足げに話した上で、興味深い事実を明かしている。

「イチローは監督とすでに話をしている。多くの電話会議を開いたんだ。私、監督、ジェニングス(GM)、オーナーのローリア、すべてをテーブルに置いた。彼が決断するために、完璧に納得してもらうためにね」

人気記事ランキング