野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 由規は復活できるのか? 捕手&コーチが語る剛腕のブルペン

由規は復活できるのか? 捕手&コーチが語る剛腕のブルペン

誰よりもこのときを心待ちにしていた。2015年2月1日。3年ぶりに沖縄・浦添のブルペンに入ったヤクルトの由規投手は、震えが止まらなかった。

東京ヤクルト神宮

「真後ろにぶん投げちゃったらどうしよう」、震えが止まらなかった浦添のブルペン

 誰よりもこのときを心待ちにしていた。2015年2月1日。3年ぶりに沖縄・浦添のブルペンに入ったヤクルトの由規投手は、震えが止まらなかった。

「本当に緊張して、1球目が構えたところにいくかなというのはありました。(捕手の)真後ろにぶん投げちゃったらどうしようかなとか……」

 かつて日本人選手最速の161キロをたたき出した男が投げた初球。「パンッ」という乾いた音とともに、捕手の井野が構えたミットに収まった。背番号11が戻ってきた瞬間だった。

 この段階に至るまで長い年月がかかった。最初に右肩に違和感を覚えたのは2011年9月。症状は「張り」程度だった。しかし、その後の精密検査で出た診断結果は右肩腱盤損傷。手術をせずにリハビリを続けていたが、状態が上がらないことから、2013年4月に右肩のクリーニング手術を決断した。

 過酷なリハビリを経て、昨年6月に2年2か月ぶりに実戦復帰。いきなり最速155キロを計測した。だが、同8月に再び右肩の違和感を訴えて離脱していた。

 秋季キャンプからアピールを続け、ようやくつかんだ今回の1軍キャンプ。初日のブルペンで56球、2日目には80球を投げ込んだ右腕は「今は神宮で投げることしか考えていない」と開幕1軍を目指している。そして、「1軍に戻るだけならただの復帰、1年間投げて結果を残してこそ復活だと思っています。ただ投げるだけでなく、チームのために勝てる投手になりたい」とすでに復帰後を見据える。

人気記事ランキング