野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

グリエルがメジャー流出危機? スカウト絶賛、米国内で高まる評価

プエルトリコで開催中のカリビアン・シリーズに参加しているDeNAのユリエスキ・グリエル内野手が、メジャースカウト陣から高い評価を得ていることをMLB公式サイトが特集した。

DeNAベイスターズ

メジャースカウト評価は「明日にでもメジャーで打率3割、二塁打40本を打てる」

 プエルトリコで開催中のカリビアン・シリーズに参加しているDeNAのユリエスキ・グリエル内野手が、メジャースカウト陣から高い評価を得ていることをMLB公式サイトが特集した。「カリビアン・シリーズでグリエルが想像力をかきたてる」との見出しで報じており、メジャー流出の懸念が高まりそうだ。

 現在、プエルトリコの首都サン・ファンで行われているカリビアン・シリーズには、メジャー各球団のスカウトが乗り込んでいる。ベネズエラ、ドミニカ共和国、メキシコ、プエルトリコ、そしてキューバ代表の有望選手がしのぎを削る中、30歳のキューバ人内野手の評価はうなぎのぼりだという。

 特集では「バックネット裏、外野席、通路、ホテルのロビー、レストランでも試合後にユーリの名前が頻繁に聞こえてくる。おそらく、スカウトは木曜日(日本時間6日)のベネズエラ戦におけるグリエルの話をしているのだろう」としている。

 カリビアン・シリーズ4試合終了時点で、グリエルの打率2割6分7厘は大会18位。1打点で、長打はない。成績的には傑出したものではないが、メジャーのスカウト陣の評価は絶大だという。守備力と勝負強さにおいてメジャー平均以上。そして、その走塁のスピードでもスカウト陣を驚嘆させているといい、記事では「明日にでもメジャーリーグで打率3割、二塁打40本を打てると(スカウト陣は)考えている」と言及している。

人気記事ランキング