野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 日本人選手
  • 日本人投手に受難の時代到来も? MLBでストライクゾーン改正の動き

日本人投手に受難の時代到来も? MLBでストライクゾーン改正の動き

メジャーリーグ機構(MLB)が試合での得点数を増やすためにストライクゾーンの改正を検討していると、米ヤフースポーツの名物記者ジェフ・パッサン記者が報じた。

20150212_tanaka

近年はストライクゾーンの拡大が得点不足の一因に、投手有利の傾向を是正へ

 メジャーリーグ機構(MLB)が試合での得点数を増やすためにストライクゾーンの改正を検討していると、米ヤフースポーツの名物記者ジェフ・パッサン記者が報じた。すでにMLBの「プレイング・ルール委員会」で議論されており、2015年シーズンからストライクゾーンの問題に注視するという。早ければ2016年シーズンから本格導入される可能性が出ている。

 メジャーでは2009年以降、ストライクゾーン拡大で投手有利となり、これがリーグの得点不足の一因だったと記事では指摘。2014年シーズンは1試合平均4.07点で、1981年以降では最小。戦後でも13番目に少ない数字だったという。

 特集では、2009年シーズンでは0.28平方メートルだったストライクゾーンが、昨シーズンは0.31平方メートルにまで拡大され、低目のボールがストライクに含められるようになったという統計を紹介している。

人気記事ランキング