野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 「年俸もプロ選手のステータス」核心つく質問に黒田も苦笑い 「難しい質問」

「年俸もプロ選手のステータス」核心つく質問に黒田も苦笑い 「難しい質問」

広島復帰を決めた黒田博樹投手が16日の広島市内での記者会見で苦笑いを浮かべる場面があった。

広島カープ

最大17億円の金額差も広島復帰を決断「僕のことを待ってくれる人がいることはすごく感じてました」

 広島復帰を決めた黒田博樹投手が16日の広島市内での記者会見で苦笑いを浮かべる場面があった。会見での質疑応答。「プロのステータスとしてはそれなりの金銭面、年俸を稼ぐというのもあると思う。メジャーに残って高額なオファーも残る中での今回の復帰。そのあたりの思いは?」との質問に「そうですね……、なかなか難しい質問ですね」と話し、答えるまでに少し間を置いた。

 昨季終了後にヤンキースからフリーエージェント(FA)となった黒田には複数の球団が興味を示し、中でも高額なオファーだったとされるのがパドレスだった。地元紙によると年俸は1800万ドル(約21億円)以上。広島が年俸4億円(推定)ということを踏まえれば、最大で17億円以上もの金額差がある条件を受け入れたことになる。

 金銭面に言及した質問について、黒田は慎重に言葉を選びながらこう答えた。

「アメリカでたくさんの経験をした中で、やっぱり応援してもらうことは当たり前じゃないというのをすごく自分で感じましたし、そして野球界の広さというか世界の広さをたくさん経験した中で、広島という小さい町ですけど、そういうところで僕のことを待ってくれる人がいるということはすごく感じてました。

 当然、金額的な部分を考えるとなかなか決断するのは難しい部分はありましたけど、それ以上にマウンドに上がる気持ちを考えた時に、それも数少ないマウンドに上がる回数になるかもしれないですけど、その1回1回のことを考えると広島でマウンドに上がったほうが自分の中で充実感と、あとはメジャーで投げてた時以上に何か違ったものが出せるんじゃないかという気持ちでした」

人気記事ランキング