野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 上原浩治
  • 上原浩治が昨季終盤の不調の原因を地元メディアに告白

上原浩治が昨季終盤の不調の原因を地元メディアに告白

スプリング・トレーニング開始を目前に控えるレッドソックスの上原浩治投手が昨季終盤の一時的な不調について、加齢による衰えなどではなく故障が原因だったことを明かした。

20140930_uehara

上原「フィジカルの問題」、GMは腰の故障に言及

 スプリング・トレーニング開始を目前に控えるレッドソックスの上原浩治投手が昨季終盤の一時的な不調について、加齢による衰えなどではなく故障が原因だったことを明かした。地元紙ボストン・ヘラルドが報じている。

 上原はすでにスプリングキャンプが行われるフロリダ州フォートマイヤーズに入っており、練習を開始。4月に不惑を迎える絶対守護神は現地で昨夏のらしからぬ急降下について初めて口を開いたという。

「どちらかというとフィジカルの問題ですね。あの時は話しませんでしたが、今は大丈夫です」

 上原は通訳を介してこう語っている。

 上原は昨年64試合登板し、6勝5敗26セーブ、防御率2・52と優秀な成績を残した。だが、夏以降に不調に陥り、一時的にクローザーの座から退いている。記事でも8月16日から9月4日までの被打率5割、防御率19・29という数字を紹介。2013年のワールドシリーズ優勝の立役者だけに蓄積疲労や加齢による衰えを危惧する声もあったが、実は故障を抱えていたという。

 本人は「疲労ではありません」と語るにとどまり、明確な箇所を明かしていないが、ベン・チェリントンGMは「ちょっとした腰の問題」と語っている。それでもチームはオフに2年総額1800万ドルで契約を延長し、守護神に対して変わらぬ信頼を寄せている。

人気記事ランキング