野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 田中将大
  • タンパで始動の田中将大に同僚が太鼓判 「調子良さそう」

タンパで始動の田中将大に同僚が太鼓判 「調子良さそう」

ヤンキースの田中将大投手が17日(日本時間18日)にフロリダ州タンパのマイナー施設でキャッチボールなどで練習を開始した。

20150218_tanaka

イバン・ノバが田中の順調な調整ぶりを語る

 ヤンキースの田中将大投手が17日(日本時間18日)にフロリダ州タンパのマイナー施設でキャッチボールなどで練習を開始した。昨年、右肘靭帯の部分断裂で2か月半離脱したことから再発の危惧も存在するが、同僚は順調な調整ぶりに太鼓判を押した。地元紙ニューヨーク・デイリーニューズが報じている。

 21日のヤンキースのバッテリー陣の練習開始に先駆けて、田中は動き出した。約30分間キャッチボールや遠投を行った。

 記事によると、ともに先発ローテーションを形成するイバン・ノバ投手が田中の復調ぶりに太鼓判を押しているという。

「彼はまったく同じに見えるね。いつも笑っているし。彼の投球練習を見た時には、調子は良さそうだったよ」

 ノバはそう語っている。同選手は昨季開幕直後に右肘靭帯部分断裂により、トミー・ジョン手術を選択しており、現在リハビリ中。6月の復帰を目指しているという。一方、田中は昨年7月に同じ故障を負ったが、専門医の診断により保存治療を選んだ。

「彼がまた投げられるようになるか分からなかった。でも、シーズンの最後に2試合投げて、何事も起こらずに戻ってきた。それはすごいことだよ」

 同じシーズンに投手の生命線となる肘を痛めた仲間の順調な回復ぶりに、ノバは感服している様子だ。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング