野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • “日本式”の球数へ 黒田博樹が2度目のブルペンで“超異例”76球!

“日本式”の球数へ 黒田博樹が2度目のブルペンで“超異例”76球!

メジャーリーグから8年ぶりに広島に復帰した黒田博樹投手が20日、沖縄キャンプ2度目となるブルペンでの投球練習を行った。

20150220_kuroda

侍ジャパンの小久保監督も視察する中での投球「いいボールが増えてきた」

 メジャーリーグから8年ぶりに広島に復帰した黒田博樹投手が20日、沖縄キャンプ2度目となるブルペンでの投球練習を行った。視察に訪れた侍ジャパンの小久保裕紀監督らが見守る中、直球、ツーシーム、カットボール、スプリットと、18日と同じようにスライダー以外の球種を披露。黒田自身としては“超異例”の76球を投げ込んだ。

 この日のテーマについて、黒田は「今日は少し球数を増やして、あとはコースというかラインを間違えないようにと思って」と説明した。メジャーリーグのキャンプでは、球団側が球数を制限していることもあり、投球練習は30球前後で終わることがほとんど。40球にも達することはほとんどなく、20数球で切り上げることもある。

 それだけに、黒田にとってキャンプでの「76球」という数字は珍しい。18日の投球練習では37球で終わっていたが、2度目のブルペンで早くも“日本式”のトレーニングを取り入れた形だ。

「いいボールが増えてきましたし、フォーム的にも安定してたんで、よかったかなと思います」と投げ込みの手応えは上々。メジャー時代にもブルペンではあまり投げることのなかったスライダーについては「もう少し(フォームなどが)安定してから」組み込むことを明かした。

 練習中には若手選手と談笑する場面も増え「3日目である程度、チームの雰囲気に慣れてきましたし、練習のスケジュールも掴めてきました」と穏やかな表情。大きな注目を集める中、黒田が8年ぶりのキャンプで順調に調整を続けている。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング