野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 黒田博樹に「驕り」「過信」なし “日本式調整”で「完投」も視野に

黒田博樹に「驕り」「過信」なし “日本式調整”で「完投」も視野に

メジャーリーグから8年ぶりに広島に復帰した黒田博樹投手が、20日に行った沖縄キャンプ2度目のブルペン投球で76球を投げ込んだ。この76球という数字、昨年までの黒田のキャンプでの調整と比較すると、かなりの違和感がある。

20150218_kuroda2

メジャーでは見られなかったキャンプでの「76球」

 メジャーリーグから8年ぶりに広島に復帰した黒田博樹投手が、20日に行った沖縄キャンプ2度目のブルペン投球で76球を投げ込んだ。直球、ツーシーム、カットボール、スプリット、カーブと持ち玉ではスライダー以外の球種を織り交ぜての投球練習は熱を帯び、納得のいかないボールがあると、悔しそうに声を上げる場面もあった。

 この76球という数字、昨年までの黒田のキャンプでの調整と比較すると、かなりの違和感がある。日本のキャンプではごく普通の数字かもしれないが、メジャーでは、ブルペンでの投球数は基本的に球団によって制限されている。ヤンキースでは30~40球が目安で、20数球で終わらせることもあった。黒田はこの日、その倍以上の球数を投げたことになる。

 沖縄キャンプに合流し、いきなり初のブルペン入りとなった18日には、37球で切り上げていた。しかも、36球で終わらせようとしてから、追加で1球を増やし、締めた。

 メジャーのシーズン中、黒田はブルペンでの球数を当時の背番号18の倍にあたる「36球」と決めていた。キャンプ中は必ず36球で終わるというわけではなかったが、常にそれに近い数字だった。18日の時点では、日本でも昨年までと同じ調整法を続けるかと思われたが、そうではなかった。

 なぜ、日本式にもどしたのか。

人気記事ランキング