野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 黒田博樹とカープ 両者がもたらし合う“変化”が早くも浮き彫りに

黒田博樹とカープ 両者がもたらし合う“変化”が早くも浮き彫りに

ヤンキースに所属していた昨年のキャンプ初日に「また苦しい1年が始まるな、という感じです」と心の内を明かした時と比べると、微妙な変化が見えた。

20150222_kuroda

黒田に見える微妙な変化と、チームに表れ始めている「黒田効果」

 8年ぶりに広島復帰を果たした黒田博樹投手が、順調に調整を続けている。沖縄キャンプ初日の18日にチームに合流すると、1人だけ特別メニューながら、いきなりブルペンに入り、直球、ツーシーム、カットボール、カーブ、スプリットとスライダー以外の球種で全37球の投球練習を披露。さらに、3日目には2度目のブルペンでメジャー時代のキャンプの倍以上となる76球を投げ込んだ。

「メジャーでのキャンプの初日のようなブルペンだったと思います、今日は」

 初日のブルペンでは状態はまだまだといったところで、投球練習後にはこう言って苦笑いを浮かべた黒田。ただ、ヤンキースに所属していた昨年のキャンプ初日に「また苦しい1年が始まるな、という感じです」と同じように苦笑いで素直な心の内を明かした時と比べると、微妙な変化が見えた。

 そして、2日目には全体練習に合流し、若手投手とグループで練習を消化。3日目には談笑する場面が増え、ノックを受けている時に黒田がエラーをすると、練習は大きな盛り上がりを見せた。「3日目ですし、ある程度チームの雰囲気に慣れてきましたし、練習のスケジュールも掴めてきました」。ベテラン右腕に明らかに笑顔が増えてきた。

 メジャー時代には、マウンドに上がることを「苦しさしかない」と明かしたこともある。壮絶な覚悟でマウンドに上がり、鬼気迫る投球でメジャーの猛者を押え込むことで、輝かしい実績を積み上げた。ただ、黒田は今年の心境をこんな風に表現している。

「(広島には)自分がいた時に(選手として)やっていたメンバーもいます。それは選手だけじゃなくて、コーチであり、監督であり、裏方さんも含めて一緒にやったメンバーとまた一緒にやれるっていうのは、多少なりともメジャーでやっていた時とは違うと思います。その中で色んなことを考えながら、そしてまた、若い選手たちに色んなことを伝えながらっていうのは、現時点では今までとちょっと違うキャンプかなと思ってますけど」

人気記事ランキング