野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 黒田がフリー打撃初登板で安打性2本のみ 終了後の拍手に「不思議な感じ」

黒田がフリー打撃初登板で安打性2本のみ 終了後の拍手に「不思議な感じ」

メジャーリーグから8年ぶりに広島に復帰した黒田博樹投手が25日、沖縄キャンプ合流後初となるフリー打撃に登板した。野間、鈴木誠と期待の若手2人を相手に35球を投げ、安打性の当たりは2本。ツーシーム、カットボールと手元で動くボールを中心に投げ込んだ。

20150225_kuroda

期待の若手打者2人に35球、カットボールには「バッターの頭に残るボール」と好感触

 メジャーリーグから8年ぶりに広島に復帰した黒田博樹投手が25日、沖縄キャンプ合流後初となるフリー打撃に登板した。野間、鈴木誠と期待の若手2人を相手に35球を投げ、安打性の当たりは2本。ツーシーム、カットボールと手元で動くボールを中心に投げ込んだ。

 上々の内容に、黒田は「最初にしてはまずまず」と言いつつ、「細かいボールの動き、細かいコントロールを見たかったが、まだまだ実戦に向けて課題はある」と話した。

 この日は直球、ツーシーム、カットボール、カーブ、スライダーと、メジャーでも決め球の1つとして威力を発揮したスプリット以外の球種を披露。フリー打撃では球種を明らかにしてから投げるため、「スプリットは相手(打者)の頭にない中で投げるボールなので」と意図を明かした。

 昨年、ヤンキースでのキャンプで“再習得”に力を入れていたカットボールの割合が多く「左バッターの手元に意識して投げましたけど、バッターの頭に残るボールだと思います」と手応えは上々。日本に戻り、ボールやマウンドが変わる中で、武器の1つになりそうだ。

 終了後にはスタンドから大きな拍手を浴びた右腕。実戦などではなく、フリー打撃への登板では珍しい光景に「不思議な感じはしました」と笑った。大きな期待を受けながら、8年ぶりのシーズンに向けて調整が続く。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング