野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 開幕に間に合うか 宮崎キャンプを経た松坂大輔の仕上がりとは

開幕に間に合うか 宮崎キャンプを経た松坂大輔の仕上がりとは

MLBのメッツから日本球界に復帰し、ソフトバンク入りした松坂大輔投手(34)。9年ぶりとなった日本でのキャンプでは、連日多くの報道陣に囲まれ、そして、多くのファンからの声援を浴びた。

20150301_matsuzaka

9年ぶりに日本復帰の松坂、春季キャンプの成果は?

 MLBのメッツから日本球界に復帰し、ソフトバンク入りした松坂大輔投手(34)。9年ぶりとなった日本でのキャンプでは、連日多くの報道陣に囲まれ、そして、多くのファンからの声援を浴びた。

 その注目度は、多くの一流選手を抱えるソフトバンクの中でも群を抜いていた。「平成の怪物」と呼ばれ、横浜高校時代から、日本球界を沸かせ続けてきた男。復活へ向けて、取り組んできた宮崎キャンプは、彼にとって実り多きものになったのだろうか。松坂自身のコメントを交え、26日間を振り返ってみたい。

 キャンプインとなった2月1日、キャッチボールを行う松坂のフォームは、剛腕でならした彼のフォームではなかった。踏み込み足が大きく開き、体も開く。肘は下がり、投げたボールはシュート回転して、相手のグラブへと収まった。

 メジャーの固いマウンドへの対応、そして、メスを入れた右肘をかばうがために、投球フォームは大きく崩れていた。この修正、また、日本のマウンドに再適応させるためのフォームの構築が宮崎キャンプで松坂が取り組む最大のテーマだった。

 日米通算164勝という輝かしい実績を持つ右腕には、自らの経験に基づく確かな順序があった。決して、やみくもに投げ込むのでなく、じっくりと段階を踏んでいった。

人気記事ランキング