野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 乱調の大谷が反省 球数増に「何とか修正して投げていかないと」

乱調の大谷が反省 球数増に「何とか修正して投げていかないと」

日本ハムの大谷翔平投手が3日、オープン戦に初登板。札幌ドームでの巨人戦に先発し、初回にいきなり4失点を喫するなど、4回4安打4失点、2奪三振、6四球と乱調に終わった。

full-count11

初の開幕投手へ不安残す内容、初回に4失点を喫し4回4安打4失点で6四球

 日本ハムの大谷翔平投手が3日、オープン戦に初登板。札幌ドームでの巨人戦に先発し、初回にいきなり4失点を喫するなど、4回4安打4失点、2奪三振、6四球と乱調に終わった。

 大谷は初回、先頭の片岡を1球で遊ゴロに打ち取ったものの、松本哲、坂本に連続四球を与えた。続くセペダに左翼線への二塁打を浴び、先制点を献上。高橋由にはレフトオーバーの二塁打を打たれて2点を失うと、井端にもライトへのタイムリーを許し、いきなり4失点を喫した。

 2回は1死から片岡、松本哲、坂本に3連続四球を与えながら何とか無失点。その後も走者を出しながら追加点を与えなかったが、4回までに81球を要して降板した。

 2回以降は無失点で切り抜けたものの、最後まで制球が定まらずに6四球。キャンプの疲れもあったのか、珍しく直球のほとんどが140キロ台に終わった。登板後には「球数が多くなってしまいました。これからは試合で多くなる中でも、何とか修正して投げていかないといけない」と話した大谷。初の開幕投手へ向け、不安を残す内容となった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング