野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 巨人ドラ1ルーキーが開花の兆し 高校通算73本塁打・岡本は何がスゴイ?

巨人ドラ1ルーキーが開花の兆し 高校通算73本塁打・岡本は何がスゴイ?

ボールをたたきつける音は快音とはいい難い。ボールがつぶれるような“破壊音”に似た音を響かせながら打球を飛ばす。智弁学園からドラフト1位で入団した巨人・岡本和真内野手が着実に成長し、素材の良さを証明している。

巨人

着実に成長する岡本「少ないチャンスを逃さないよう、しっかりバットを振りたい」

 ボールをたたきつける音は快音とはいい難い。ボールがつぶれるような“破壊音”に似た音を響かせながら打球を飛ばす。智弁学園からドラフト1位で入団した巨人・岡本和真内野手が着実に成長し、素材の良さを証明している。

 キャンプは高卒ルーキーながら1軍キャンプを検討されていたが、自主トレ期間中に腰に張りを訴えたために実現しなかった。1年生は初めてのキャンプで、必ず無理をしてしまう。そのため焦らずに英才教育を施していくことになった。

 すると初めての実戦となった2軍紅白戦で投手内野安打を放ち、初打席初安打をマーク。投手がきちんと処理していればアウトになるゴロだったが、幸運な形で初ヒットを手にすることができた。そしてヤクルトとの2軍戦では対外試合2試合目にして、プロ第1号のホームランをマーク。すぐに結果が表れ始めている岡本は「少ないチャンスを逃さないよう、しっかりバットを振っていきたい」と一戦一戦がチャンスだと思い、必死に戦っている。

 昨年、甲子園で1試合2本塁打を放つなど、高校通算73本塁打と大物スラッガーとして活躍。巨人はドラフトで多くいる即戦力の投手ではなく、その高校生野手をドラフト1位で指名した。守備や走塁はまだまだ成長途上だが、バッティングは非常に高く評価されている。

 これまで何人もの選手が「高校通算○○本」と評価されてプロ入りしてきたが、鳴かず飛ばずでユニホームを脱いでいったケースも珍しくない。そんな中、高い期待を集める岡本は一体、何がすごいのか。

人気記事ランキング