野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • ジーターがヤ軍最後の主将に? 「キャプテンは背番号2と共に引退すべき」

ジーターがヤ軍最後の主将に? 「キャプテンは背番号2と共に引退すべき」

ヤンキースが昨季限りで現役を引退したデレク・ジーター氏に敬意を表し、今後はキャプテンを置かない可能性が浮上していると、地元紙ジャーナル・ニュースやESPNなどが報じている。

20150306_jeter

キャッシュマンGMが今後、キャプテンを置かないことを示唆

 ヤンキースが昨季限りで現役を引退したデレク・ジーター氏に敬意を表し、今後はキャプテンを置かない可能性が浮上していると、地元紙ジャーナル・ニュースやESPNなどが報じている。

 2003年からヤンキースの11代目キャプテンを務めたジーター氏は昨季終了後、惜しまれながらキャリアに幕を引いた。

 ヤンキースのブライアン・キャッシュマンGMは、ESPNラジオの取材で「私に決定権はないが、キャプテンは背番号2とともに引退すべきだ。他の誰にもキャプテンという立場を与えないだろう」と語ったという。キャプテンシーを持つブライアン・マッキャン捕手、生え抜きのブレット・ガードナー外野手ら、後継者候補の名前は地元メディアで挙げられてきたが、強化責任者はキャプテンという肩書きを今後、選手に与えない意向を明らかにした。

 キャッシュマンGMは5日(日本時間6日)のパイレーツ戦後にも「リーダーシップというものは様々なあり方があると思う。デレクは長い間、キャプテンを素晴らしく務め上げてくれた。だが、このクラブには多くのリーダーが存在した。マリアノ(リベラ)は抑えを導き、(アンディ)ペティットと(ロジャー)クレメンスは先発陣のリーダーだった。ジョー(ジラルディ)は間違いなく指揮官だ。キャプテンが我々に必要とは思わない」と語ったという。

人気記事ランキング