野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 松坂大輔が振り返るオープン戦初登板、浮かび上がった不安と希望

松坂大輔が振り返るオープン戦初登板、浮かび上がった不安と希望

9年ぶりの日本のマウンドだった。ソフトバンクの松坂大輔投手(34)が4日、甲子園で行われた阪神とのオープン戦で、移籍後初の実戦に登板した。結果から言えば、3回を投げてね球数は57球。安打は3本許し、四球も2つ与えたが、無失点で最初の実戦マウンドを終えた。

20150307_dicek

ソフトバンクへ移籍後初実戦で松坂は何を感じたのか

 9年ぶりの日本のマウンドだった。ソフトバンクの松坂大輔投手(34)が4日、甲子園で行われた阪神とのオープン戦で、移籍後初の実戦に登板した。結果から言えば、3回を投げてね球数は57球。安打は3本許し、四球も2つ与えたが、無失点で最初の実戦マウンドを終えた。

「久しぶりの実戦でしたし、緊張というか、フワフワしていて、うまく力が入らない感じだった」

 こう振り返った立ち上がり。先頭の鳥谷に投じた復帰後最初のボールは139キロの真っすぐ。次の137キロの真っすぐで中飛に打ち取り、最初のアウトを取った。上本は142キロの高めの真っすぐで空振り三振、西岡を四球で歩かせ、ゴメスはスライダーで遊ゴロ。2回はいきなりマートン、ルーキーの江越に連打を浴びるも相手の盗塁失敗などもあり、2つのアウトを取ると最後は梅野を外角低め、139キロの真っすぐで見逃し三振に取った。

「フワフワしていた」という1、2回。確かに松坂はおかしかった。フォームにはまるで躍動感がなかった。体の沈み込みはなく、手投げになっていた。真っすぐはほとんどがシュート回転。逆球もあれば、2回にはすっぽ抜けの大きく外れるボール球も2度もあった。真っすぐは130キロ台後半がほとんど。おそらく、この日の松坂を見た人の多くが「これで大丈夫なのか?」と首を傾げたはずだ。

人気記事ランキング