野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 上原浩治
  • 上原浩治がオープン戦初登板 レッドソックス3年目にしてOP戦初失点

上原浩治がオープン戦初登板 レッドソックス3年目にしてOP戦初失点

レッドソックスの上原浩治投手が6日(日本時間7日)、マーリンズ戦の3回から2番手で登板した。オープン戦初登場で1回を投げ、3安打1失点と乱調。これは上原のレッドソックス在籍期間でオープン戦初失点だったとESPNが報じている。

20150307_uehara

2013、14年はオープン戦で計16試合に登板して無失点

 レッドソックスの上原浩治投手が6日(日本時間7日)、マーリンズ戦の3回から2番手で登板した。オープン戦初登場で1回を投げ、3安打1失点と乱調。これは上原のレッドソックス在籍期間でオープン戦初失点だったとESPNが報じている。

 上原は先頭打者のジェフ・マシスにいきなりセンターへの2塁打を浴びる不安定な立ち上がりとなった。続くヨルダニー・バルデスピンにはレフト前ヒットを許し、ノーアウト1、3塁のピンチを迎える。続くドノバン・ソリアーノはライトフライに仕留めたが、ワールドシリーズ王者ジャイアンツからマーリングに加入したマイケル・モースにセンターへの2塁打を打たれて1失点。後続のマルセロ・オズナとジェフ・ベイカーを打ち取り、マウンドを降りた。

 記事によると、この失点は上原が3年目を迎えたレッドソックスのスプリングキャンプ中のオープン戦で初めて喫した失点だったという。上原は2014年のオープン戦で6試合に登板し、6回を投げて無安打と完璧なピッチングで1点も失わなかった。加入1年目の2013年もオープン戦10試合に登板し、9回2/3で4安打12三振、無失点だったことも紹介されている。

人気記事ランキング