野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

開幕投手決定の摂津は4回無失点も反省 「無失点だが、球数も多かった」 

ソフトバンクの摂津正投手が7日、QVCマリンフィールドでのロッテ戦に先発し、4回5安打2四球ながら無失点。毎回、走者を背負いながらも粘りの投球で相手打線に得点を許さなかった。

20150307_settsu

「ダブルプレーの後のバッターにフォアボール。次回は自分の課題に」

 ソフトバンクの摂津正投手が7日、QVCマリンフィールドでのロッテ戦に先発し、4回5安打2四球ながら無失点。毎回、走者を背負いながらも粘りの投球で相手打線に得点を許さなかった。

 ただ、3回には無死1塁で鈴木を併殺に仕留めながら、井口に四球、今江にライト前ヒットを許し、ピンチを招く場面も。4回までに70球を要し、登板後には「結果は無失点でしたが、球数も多かったし、ダブルプレーの後のバッターにフォアボールを出してしまったりもしました」と反省した。

 6日には、4年連続となる開幕投手を務めることを工藤新監督から正式発表された右腕。「次回は、そのあたりを自分の課題として投げたいと思います」と修正を誓っていた。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング