野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 黒田博樹の完全投球に相手打者ビビった 「初めて見た。すごい軌道」

黒田博樹の完全投球に相手打者ビビった 「初めて見た。すごい軌道」

昨年までヤンキースで先発ローテーションの柱として投げ続けてきたバリバリのメジャーリーガーの圧巻の投球を見せられて、ヤクルトの選手たちも衝撃を隠せなかった。

20150220_kuroda

「フロントドア」に「ボールだと思ってよけたら、球が真ん中近くにあった」

 8年ぶりに広島復帰した黒田博樹投手が8日、本拠地での凱旋登板で衝撃のパーフェクト投球を見せた。ヤクルト戦でオープン戦に初登板し、4回1/3を無安打無失点3奪三振。打者13人をわずか39球で料理し、ボールは9球のみという完璧な投球だった。

 昨年までヤンキースで先発ローテーションの柱として投げ続けてきたバリバリのメジャーリーガーの圧巻の投球を見せられて、ヤクルトの選手たちも衝撃を隠せなかった。

 1番打者の藤井は、4回の第2打席で2球で追い込まれると、最後は内角のボールゾーンから変化してストライクになるツーシームで見逃し三振に倒れた。黒田がメジャーでも最も大きな武器として使い、強打者たちを抑え込んできた「フロントドア」と呼ばれるボールだ。

「ボールだと思ってよけて、(キャッチャー)ミットを見たら、球が真ん中近くにあった。初めて見ました。すごい軌道でした」

 ユーティリティープレーヤーとして内野、外野、捕手を務める藤井は、この1球をこう振り返っている。“捕手目線”でも、衝撃的なボールだったという。「左(打者)のインコースにシュート(ツーシーム)なんて考えたこともなかった。キャッチャーとしても使えるなと思いました。自分の引き出しが増えた。(フロントドアを)見られたことは本当に良かった」と話した。

 もう1つの武器も効果的だった。黒田がメジャーで同じように決め球の1つとして絶大な威力を発揮したスプリットだ。2番打者の川端は、初回の第1打席では2球で追い込まれてからのスプリットを引っかけ、ショートゴロに倒れている。

人気記事ランキング