野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 岩隈久志
  • サイ・ヤング賞への大きな鍵に 岩隈が昨季終盤に失速した要因とは

サイ・ヤング賞への大きな鍵に 岩隈が昨季終盤に失速した要因とは

マリナーズの岩隈久志投手が、7試合で防御率7.88という大不振に陥った昨季終盤戦の“悪夢”の再発防止に向けて、今季のキャンプを順調に過ごしている。地元紙「ニュース・トリビューン」がその様子をリポートしている。

20141128_iwakuma

昨季メジャー自己最多勝利も、最後の7試合で防御率7.88だった岩隈

 マリナーズの岩隈久志投手が、7試合で防御率7.88という大不振に陥った昨季終盤戦の“悪夢”の再発防止に向けて、今季のキャンプを順調に過ごしている。地元紙「ニュース・トリビューン」がその様子をリポートしている。

 アリゾナ州ピオリアで行われているスプリングキャンプで、右腕は順調な調整を続けている。昨年は1勝差でワイルドカード2位に届かず、プレーオフ進出を逃したマリナーズにとって、フェリックス・ヘルナンデス投手とダブル・エースを形成する岩隈の活躍は不可欠となるが、乗り越えるべき壁があるという。

 記事では昨季、岩隈が21試合目の先発となった8月19日のフィリーズ戦終了時点で12勝6敗、リーグ5位の防御率2.57と好調を維持していたが、そこからパフォーマンスが下降したことに言及。「昨年は最後の7試合でわずか32イニングしか投げられなかった。1試合平均5イニング以下だ。被安打40本で28失点を喫し、その間の防御率は7.88。それまでの3倍の数字だ。このスパンで15イニング以上投げたア・リーグの投手の中で最低の数字だった」と指摘している。

 最終的に28試合先発で15勝9敗、防御率3.52という成績に終わった岩隈には、失速に心当たりがあるという。

人気記事ランキング