野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ダルビッシュが手術ならレ軍の2016年日本開幕戦計画が白紙に!?

ダルビッシュ有投手が右肘靭帯を損傷し、長期離脱危機となったことで、レンジャーズが来季の日本での開幕戦計画を白紙に戻す可能性が急浮上している。地元紙「ダラス・モーニング・ニュース」が報じている。

20150214_dal

「2016年シーズン開幕戦を行うためのすべての交渉が打ち切りとなる」

 ダルビッシュ有投手が右肘靭帯を損傷し、長期離脱危機となったことで、レンジャーズが来季の日本での開幕戦計画を白紙に戻す可能性が急浮上している。地元紙「ダラス・モーニング・ニュース」が報じている。

 先発ローテーション1番手のエースの負傷は、グラウンド外での球団戦略にも大きな打撃を与えている。レンジャーズは2016年シーズンの開幕戦を日本で行うことを計画していたという。

「ダルビッシュがトミー・ジョン手術に踏み切れば、レンジャーズが日本で2016年シーズン開幕戦を行うためのすべての交渉が打ち切りとなることがほぼ確実になる。球団側は極東で開幕戦を行うことでほぼ確定していたようだ。だが、ダルビッシュ不在では彼らの魅力を失うことになる」

 記事ではこう報じている。

 MLBは2016年の「日本開幕戦計画」を進めていたという。2012年にイチロー外野手が所属していたマリナーズがアスレチックスと対戦して以来となる日本でのオープニングゲームで、参加球団はレンジャーズが最有力候補に挙がっていた。

人気記事ランキング