野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

負傷のダルビッシュに同僚投手が手術のススメ 「成功率は本当に高い」

右肘を負傷したレンジャーズのダルビッシュ有投手に対して、同僚のコルビー・ルイス投手が手術による完治を勧めている。地元紙「スター・テレグラム」が報じている。

20150228_dal

元広島のC・ルイスがダルビッシュにアドバイス、自身も過去に手術を経験

 右肘を負傷したレンジャーズのダルビッシュ有投手に対して、同僚のコルビー・ルイス投手が手術による完治を勧めている。地元紙「スター・テレグラム」が報じている。

 2008、09年と広島で活躍したルイス自身、これまで数々の手術を乗り越えてきたようだ。記事では10代で右肘靭帯部分断裂によるトミー・ジョン手術を受け、2004年には右肩の回旋筋腱板の手術、12年には右肘の健を損傷して手術、13年には右腰の突起した骨を除去する手術を受けたことを紹介している。

「いつもドクターに全てを委ねていた。いつもすぐ(手術で)治すことを選択してきた。6か月後にまだ痛みが残っていて、落ち込みながら“あの時自分は治さなかった”とか悩むのが嫌だった」

 ルイスはそう振り返っている。

人気記事ランキング