野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • コラム
  • 右肘靭帯損傷のダルビッシュ 最善の選択肢が手術である理由とは

右肘靭帯損傷のダルビッシュ 最善の選択肢が手術である理由とは

昨年、同じように右肘靱帯の部分断裂を負った田中は、PRPと呼ばれる自己多血小板血漿療法を受けて、約2か月半後には戦列復帰を果たしている。ダルビッシュの場合、この治療法を含むリハビリでの治療は選択されなかった。

20150312_darvish

セカンドオピニオンでも手術を勧められたダルビッシュ、最終結論は今週末に発表へ

 レンジャーズのダルビッシュ有が、トミー・ジョン手術と呼ばれる右肘靱帯修復手術を受ける方向で準備を進めているようだ。最終的な結論は今週末にも正式発表される見込みだが、レンジャーズのジョン・ダニエルズGMは「その方向で進んでいる」と話した。

 右腕に異変を感じて1回で降板した5日のロイヤルズ戦後、当初は右上腕三頭筋の張りと発表されていた。だが、翌日にMRI検査を受けた結果、右肘内側側副靱帯が部分断裂していたことが判明。レンジャーズでチームドクターを務めるキース・マイスター医師から提示された選択肢は次の3つだった。

1、このままプレーし続ける
2、リハビリを続けながら治療する
3、トミー・ジョン手術

 この中でマイスター医師が強く勧めたのは、トミー・ジョン手術。復帰まで平均12~15か月を要する大きなプロセスのため、簡単に下せる決断ではない。そこで、昨年、ヤンキースの田中将大が右肘を怪我した際にセカンドオピニオンを求めたデービッド・アルトチェック医師に、同じくセカンドオピニオンを求めた。

 10日にニューヨークでメッツのチームドクターでもあるアルトチェック医師の診察を受けた結果、やはり最善の治療法として勧められたのはトミー・ジョン手術だった。サードオピニオンとして、トミー・ジョン手術の権威として知られるジェームス・アンドリュース医師の意見も求めるが、ダニエルズGMは「別の治療法が推薦されるとは思わない」と話している。

人気記事ランキング