野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

レンジャーズGMが無念を表明 「保険金よりダルビッシュの方がいいのに」

レンジャーズのダルビッシュ有投手が来週にも右肘靭帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)を受ける可能性が高まったと米全国紙「USAトゥデー」が報じている。

20140904_dar

セカンドオピニオンも同じ結論 「事態は手術に向かっている」とGM

 レンジャーズのダルビッシュ有投手が来週にも右肘靭帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)を受ける可能性が高まったと米全国紙「USAトゥデー」が報じている。

 アリゾナ州サプライズでのスプリングキャンプで、ダルビッシュは5日(日本時間6日)のロイヤルズとのオープン戦に今季初先発。1回12球を投げた後、右上腕三頭筋の張りを訴えて降板した。

 翌6日(同7日)にレンジャーズのチームドクター、キース・マイスター医師の診察を受け、靭帯部分の小さな傷が明らかに。その際、マイスター医師から肘の靭帯を再建するトミー・ジョン手術を勧められたという。

 さらに、ダルビッシュは10日(同11日)にニューヨークでメッツのチームドクターのデビッド・アルチェック氏の診察を受けた。そのセカンドオピニオンについて、レンジャーズのジョン・ダニエルズGMは「手術こそが彼の推薦した選択肢だった。事態は手術に向かっているように思える。みんなの共通理解だ」と語っている。

人気記事ランキング