野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 将来的にはヤンキースで監督も? 松井秀喜氏が“入閣”した意味とは

将来的にはヤンキースで監督も? 松井秀喜氏が“入閣”した意味とは

2012年限りで現役引退した松井秀喜氏が、古巣ヤンキースのGM特別アドバイザーに就任し、11日(日本時間12日)にキャンプ地のフロリダ州タンパで記者会見を行った。若手選手への打撃指導が主な仕事とされ、今年はマイナーを巡回することになるという。

20150126_matsui

GM特別アドバイザーに就任した松井氏、地元メディアが報じた「記者会見から分かった8つのこと」

 2012年限りで現役引退した松井秀喜氏が、古巣ヤンキースのGM特別アドバイザーに就任し、11日(日本時間12日)にキャンプ地のフロリダ州タンパで記者会見を行った。若手選手への打撃指導が主な仕事とされ、今年はマイナーを巡回することになるという。

 では、松井氏には具体的に何が期待されているのか。そして、どんな役割を果たすのか。ESPNは「マツイの記者会見から分かった8つのこと」と題して特集記事を掲載した。

 1つ目として、記事では「キャッシュマンは、ヤンキーに望む全てのものをマツイが体現しており、球団の次世代の選手に英知を授けられると信じている」としている。

 ブライアン・キャッシュマンGMは会見で松井氏に対する絶大な信頼を明かしている。

「我々は選手育成システムを発展・改善し続けなければならない。その最善の手は何だろう? マツイはアマチュアの世界から日本のプロリーグへ、さらには日本から米国のメジャーリーグへと、明らかに境界を乗り越え、アメイジングな成功を収めた人間だ。彼のような人々へのアクセスを、我々は若手たちに提供する。彼はプロとしてあのクラブハウスにいて、あらゆる形でグラウンド上に存在した。我々が思うヤンキーの何たるかを、彼はくまなく体現している」

 ヤンキースに所属する人間として、松井氏の野球に対する姿勢、人柄などは理想的だと同GMは評価している。その存在だけで若手に大きな影響を与えられると見ているようだ。

人気記事ランキング