野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • イチロー
  • イチローは野球用具を「トロフィーのように扱う」 その超一流の作法とは

イチローは野球用具を「トロフィーのように扱う」 その超一流の作法とは

マーリンズのイチロー外野手がグラブやバットを「トロフィーのように扱う」として、その超一流の作法が新天地で話題になっている。地元紙「マイアミ・ヘラルド」が報じた。

20150315_ichi

バットやグラブを丁寧に扱う様子が新天地で話題に

 マーリンズのイチロー外野手がグラブやバットを「トロフィーのように扱う」として、その超一流の作法が新天地で話題になっている。地元紙「マイアミ・ヘラルド」が報じた。

「ほとんどの選手が彼らのグラブに唾液をつける中、彼はトロフィーのように扱っている。毎日、オイルでグラブを磨いている。他の選手がバットを松ヤニやテープで意図的に汚すなか、イチローはバットの状態を化学者のように見つめる。カスタムメイドの除湿機が彼のロッカー上部のトランクの中に鎮座している。彼のミズノ社のバットから不要な湿気を吸い取るのだ」

 記事では、オールスター出場10回を誇り、ルーキーイヤーの2001年には新人王&リーグMVPに選出されたマーリンズ初の日本人選手が、商売道具を実に丁寧に扱う様子をレポートしている。

 メジャーでは、選手が滑り止めのためにグラブに唾液を付けるシーンがよく見られる。指で刷り込むことで革をなじませ、エラーを防ぐ狙いがある。バットにも松ヤニなどを用いる。

人気記事ランキング