野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • ヤクルト・由規、「3・11」から始まった完全復活へのカウントダウン

ヤクルト・由規、「3・11」から始まった完全復活へのカウントダウン

「3・11」に背番号11が帰ってきた。3月11日に行われたオリックスとのオープン戦(京セラドーム)。東日本大震災で甚大な被害を受けた宮城・仙台市出身のヤクルト・由規は、特別な思いで先発のマウンドへ上がった。

東京ヤクルト神宮

「3・11」のマウンドで躍動した仙台出身の右腕「少しでも被災された東北の方に届いていたら」

「3・11」に背番号11が帰ってきた。3月11日に行われたオリックスとのオープン戦(京セラドーム)。東日本大震災で甚大な被害を受けた宮城・仙台市出身のヤクルト・由規は、特別な思いで先発のマウンドへ上がった。

「震災から4年経ちますけど、自分もその年の秋に右肩をケガしてから3年半が経ちます。その間、プレーで勇気や元気を届けられなかった。だからこそ今年は精いっぱいプレーして、元気な姿を見せたい。今日のピッチングが少しでも、被災された東北の方に届いていたらいいなと思います」

 最速150キロの直球とキレのあるスライダーを駆使し、3回を1安打無失点4奪三振。内容も十分だったが、何よりも気持ちで抑えた38球だった。

 志願してこの日を選んだ。今季初登板となった2月22日の日本ハムとのオープン戦(浦添)では最速151キロをマークし、2回を無失点。だが、3年ぶりの1軍キャンプを過ごしていたこともあり、試合翌日には体全体に張りが出た。そのため、次回登板は万全の状態に戻るまで間隔を空けることを高津投手コーチと確認。3月11日か12日の登板を提案され、迷わずに「3・11」を選んだ。

「この日に投げられるというのはなかなかないこと。この3年半の間はプレーしたいと思ってもできずに、もがき苦しんでいた。3年前はアクシデントもあって途中で降板してしまったので、悔しい思いがありました」

人気記事ランキング