野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 巨人、開幕4番は誰に? 「キューバの至宝」セペダが期待される理由

巨人、開幕4番は誰に? 「キューバの至宝」セペダが期待される理由

開幕を間近に控え、巨人の4番がなかなか決まらない。

東京ドーム

いまだ不透明な巨人の4番、阿部が本命も、セペダも好調を維持

 開幕を間近に控え、巨人の4番がなかなか決まらない。3月14日の西武戦でふくらはぎ痛から復帰した本命・阿部慎之助内野手がこのまま状態を上げていけば、実績からいっても、チームの打撃の流れからみても、オーダーにはまるだろう。西武戦後に患部の状態を聞かれた主砲も「試合に復帰しているので、もう(ふくらはぎのことは)聞かないでほしい」と話しており、過去を振り返ることなく、開幕に向けて自分のバッティングを向上させることしか頭にない。

 4番候補の1人だった村田修一内野手は阿部と入れ替わるようにして、2軍での調整が決まった。1軍から離れ、内田2軍バッティングコーチからアドバイスをもらい、打撃の修正に着手。開幕までの時間を有効に使ってほしいという原監督の親心である。1軍コーチからは清水隆行コーチがともにそのフォームをチェックすることになった。村田は1軍の戦力から外れたわけではなく、復調すれば、開幕スタメンも十分にある。

 ここまで14試合中、5試合で4番に入ったのが大田泰示外野手。しかし、新しい4番候補は11日のソフトバンク戦で左太ももの肉離れをしてしまった。最近2試合はベテランの高橋由伸外野手兼コーチが務めている。そして最も多く4番に入っているのはフレデリク・セペダ外野手の7試合。競争が熾烈な外野陣の中で、好調を維持している。セペダの今年の本気度がうかがえる。

 セペダは低めの変化球に手を出して空振り三振となるケースも目立つが、その割合も少しずつ減ってきた。11日のソフトバンク戦から4試合連続ヒット中で、その間12打数5安打、打率4割1分7厘。浮上のきっかけはホークス戦との3連戦を前にあった。

人気記事ランキング