野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 上原浩治
  • 上原浩治が左太もも裏張りで一時離脱 「現時点で開幕ピンチではない」

上原浩治が左太もも裏張りで一時離脱 「現時点で開幕ピンチではない」

レッドソックスの上原浩治投手が、17日(日本時間18日)の練習中に左太もも裏の違和感を訴えて離脱したと地元紙「ボストン・ヘラルド」が報じている。

20150318_uehara

オリオールズ時代には同じ箇所を痛めて開幕から欠場も、指揮官は軽症強調

 レッドソックスの上原浩治投手が、17日(日本時間18日)の練習中に左太もも裏の違和感を訴えて離脱したと地元紙「ボストン・ヘラルド」が報じている。

 上原はブレーブスとのオープン戦前の練習でランニング中に左太もも裏に張りを覚えたという。オリオールズ時代の2010年3月に同じ箇所を痛めて、開幕から28試合を欠場した古傷だが、ジョン・ファレル監督は守護神の状況について軽症であることを強調。1日ごとに様子を見ることになるとされている。

「彼をチームに戻す前に、2、3日後に状態をもう1度テストすることになる。現時点では開幕がピンチとかそういう状況ではない」

 指揮官はそう話し、現時点では4月6日(同7日)の今季開幕戦・フィリーズ戦での登板には支障がないと分析している。

 レッドソックスはバッテリー陣に異変が相次いだ。先発ローテーション3番手候補のジョー・ケリー投手は右上腕二頭筋痛、クリスティアン・バスケス捕手は右肘痛をそれぞれ訴えているという。

人気記事ランキング