野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 上原浩治
  • 左太もも裏の張りで離脱の上原浩治は開幕微妙か ギリギリの判断になる!?

左太もも裏の張りで離脱の上原浩治は開幕微妙か ギリギリの判断になる!?

左太もも裏の違和感を訴えて別メニュー調整中のレッドソックス・上原浩治投手が、4月6日の今季開幕戦・フィリーズ戦での登板について「ギリギリの判断になる」と語り、間に合わない可能性も示唆している。

20150319_uehara

オリオールズ時代に痛めた古傷も、指揮官は「予防措置に近い」と軽症を強調

 左太もも裏の違和感を訴えて別メニュー調整中のレッドソックス・上原浩治投手が、4月6日の今季開幕戦・フィリーズ戦での登板について「ギリギリの判断になる」と語り、間に合わない可能性も示唆している。地元テレビ局「コムキャスト・スポーツネット」が報じた。

 上原は17日(日本時間18日)のブレーブス戦前の練習でランニング中に左太もも裏に張りを覚えたという。試合への登板は緊急回避。オリオールズ時代の2010年3月にも痛めた古傷で、当時は開幕から28試合を欠場していた。

 現在、上原は軽い投球練習を再開できる程度に回復しているという。

 ジョン・ファレル監督は18日の練習後に「彼は平地での投球練習を続けることになる。もしも、(太ももが)負荷に耐えられる状況になれば、マウンドでの投球練習を再開する」と語った。オリオールズ時代の故障とは異なり、「予防措置に近い」と軽症であることを強調している。

人気記事ランキング