野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • イチロー
  • イチロー、今季は“定位置”での出場も増加? 「最高の1番打者の1人」

イチロー、今季は“定位置”での出場も増加? 「最高の1番打者の1人」

マーリンズのマイク・レドモンド監督が、今年のレギュラーシーズンでオプションとしてイチロー外野手を定位置のリードオフマンで先発起用するプランを明らかにした。

20150321_ichi

マ軍監督が「1番イチロー」視野 MLB公式サイト「イチローがおなじみのポジションに復帰」

 マーリンズのマイク・レドモンド監督が、今年のレギュラーシーズンでオプションとしてイチロー外野手を定位置のリードオフマンで先発起用するプランを明らかにした。MLB公式サイトが「イチローが先頭打者というおなじみのポジションに復帰する」との見出しで報じている。

 イチローは20日(日本時間21日)に行われたブレーブス戦で「1番・センター」で先発出場。今年のオープン戦、そしてマーリンズに移籍後、初めてリードオフマンを託された。

 記事によると、指揮官は「もしも、彼が試合に出る時に、レギュラーシーズンでも1番打者を務めるか? もちろん。私は彼がリードオフマンを務めることができると知っている。簡単だよ」と語ったという。

 マーリンズの昨季の1番打者は、このほど7年総額4957万ドル(約60億円)の契約延長に合意した最強外野トリオの一角、クリスチャン・イェリッチ外野手が務めた。だが、マーリンズはオフにトレードでドジャースからディー・ゴードン内野手を獲得。昨年、リーグトップの64盗塁を決めた韋駄天が一番打者を務めることが濃厚となっている。

 記事では「第4の外野手として契約したイチローは、チームの打線の至る所に柔軟性をもたらしている」と指摘。この日のように、イチローの先発試合でゴードンが休養を与えられた場合、41歳を1番で起用するオプションが浮上するという。

人気記事ランキング