野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 打線の厚みだけではない 「一塁・阿部」の復帰が巨人にもたらすものとは

打線の厚みだけではない 「一塁・阿部」の復帰が巨人にもたらすものとは

開幕まで1週間を切り、各球団のチーム作りは仕上げの段階に入ってきた。リーグ4連覇を目指す巨人では、オフに右肘などの手術を受けた長野久義外野手が1軍復帰。先週末からは、右ふくらはぎの張りを抱えていた阿部慎之助内野手も戻った。

巨人

20日の日本ハム戦であった、ファースト・阿部による見逃せないシーン

 開幕まで1週間を切り、各球団のチーム作りは仕上げの段階に入ってきた。リーグ4連覇を目指す巨人では、オフに右肘などの手術を受けた長野久義外野手が1軍復帰。先週末からは、右ふくらはぎの張りを抱えていた阿部慎之助内野手も戻った。クリーンアップに2人の名前があることで、チームとファンの安心感も違う。得点力不足も解消されていくはずだ。

 打線の厚みもさることながら、ファースト・阿部の働きはどうか。慣れ親しんだ捕手からの転向。すぐに対応できるほど、このポジションは簡単なものではない。阿部もキャンプから細かい動きを体になじませながら、必死に練習を行っている。

 プレーそのものとは別に、阿部がファーストで復帰してから見逃せないシーンがあった。3月20日の日本ハム戦。終盤に出てきたリリーバーのマシソンが2球続けてボールを投げた。すると、阿部は誰よりも早くマウンドにかけつけ、「間」を作った。

 投手コーチがマウンドに間を取りに行くシーンはよく見るだろう。試合の流れをいったん止めて、相手のリズムを中断させる狙いがある。

 しかし、それは次の打者を迎える前に行うもので、投球の間にやってしまっては試合時間が長くなり、リズムもかえって悪くなる。そういう場合は捕手がマウンドに行くことが多いが、内野手も駆けつけて、ひと呼吸を置き、投手を冷静にさせるものだ。それを阿部は他の野手の誰よりも素早く行っていた。

人気記事ランキング