野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

オリックス中継ぎに相次ぐ故障者 昨季12球団NO1の投手陣に暗雲

中島、ブランコら大型補強に成功し、1996年以来となるリーグ制覇に向け順調に歩みを進めていたオリックスに暗雲が立ちこめてきた。昨季12球団NO1の防御率を誇った投手陣に故障者が相次ぎ、開幕に間に合わないことが判明した。

20150321_kishidahiga

中継ぎ陣の中心投手2人が開幕ベンチ不在に

 中島、ブランコら大型補強に成功し、1996年以来となるリーグ制覇に向け順調に歩みを進めていたオリックスに暗雲が立ちこめてきた。昨季12球団NO1の防御率を誇った投手陣に故障者が相次ぎ、開幕に間に合わないことが判明した。

 宮崎・春季キャンプでは右肩痛でブルペンに一度も入ることがなかった比嘉幹貴。3月14日の広島戦(福山)で緊急降板した岸田護は「左腹斜筋の損傷」との診断結果が球団から発表された。

 昨年、62試合に登板し7勝1敗20ホールド、防御率0・79の成績を残した比嘉、ロングリリーフもこなし55試合に登板した岸田。森脇監督が「チームの武器の一つ」と語る中継ぎ陣の中心投手2人が開幕ベンチ不在となった。

 森脇野球の根底にあるのはバッテリーを含めた守り勝つ野球。それだけに開幕を間近に控え大きな痛手となったはずだ。

人気記事ランキング