野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • イチロー
  • イチロー、初のWS出場なるか マーリンズが躍進する5つの理由とは

イチロー、初のWS出場なるか マーリンズが躍進する5つの理由とは

メジャー15年目のシーズンを迎えるイチロー自身にとって、ヤンキースでの2012年シーズン以来3度目となるプレーオフ、そして、悲願のワールドシリーズ(WS)出場&制覇となるだろうか。

20150323_ichiro

米メディアが分析、イチローにとって3度目のプレーオフ進出は?

 イチロー外野手が所属するマーリンズは今季、2003年以来となるプレーオフ進出が期待されている。メジャー15年目のシーズンを迎えるイチロー自身にとって、ヤンキースでの2012年シーズン以来3度目となるプレーオフ、そして、悲願のワールドシリーズ(WS)出場&制覇となるだろうか。ESPNでは、昨年はナ・リーグ東地区4位だったチームが躍進する5つの理由を挙げている。

 マーリンズは1993年に誕生した新興球団ながら、過去2度のプレーオフ出場でいずれもWSを制覇している。だが、人件費を削減するために主力を大量放出するファイヤーセールをしばし敢行した結果、2013年は62勝100敗と大きく負け越し。それでも、昨シーズンは若手の成長などで77勝85敗と一気に15勝を積み上げた。この勝利の上積みはナ・リーグ最高の数字だった。

 マイク・レドモンド監督は「我々はプレーオフ進出に必要な数字を理解している。それがゴールだ」と語っているという。記事では、プレーオフ出場には昨年の77勝から少なくてもあと10勝の勝ち星を加える必要があると指摘。だが、MLBにディビジョン制が導入されてから、2年連続で10勝以上積み上げたチームは2007、08年のカブスのみだという。

 同地区には、昨年の東地区を制したナショナルズという壁がそびえている。オフにはFA市場の目玉だったマックス・シャーザー投手を加え、メジャー最強との呼び声高い先発ローテーションを誇る。歴史的にも、ディビジョン的にもハードルが高いマーリンズのプレーオフ進出だが、合理的な5つの理由が存在すると記事では言及している。

 1番目に挙げられているのは、メジャー最強と評価される「外野陣」だ。昨年の本塁打王ジャンカルロ・スタントン、クリスティアン・イェリッチ、マルセル・オズナという平均年齢24歳の若きトリオを誇る。

人気記事ランキング