野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

人気のタグ

  • HOME
  • 高校野球
  • コラム
  • 対戦打者が明かす、県岐阜商・高橋の本当の凄さ 11Kの快投生んだ要因とは

対戦打者が明かす、県岐阜商・高橋の本当の凄さ 11Kの快投生んだ要因とは

ついに大物右腕がベールを脱いだ。24日の第87回選抜高校野球大会4日目。MAX152キロ右腕の県岐阜商・高橋純平(3年)が松商学園戦で登場した。

MAX150キロを記録も「ストレート自体は思っていたより速くなかった」

 ついに大物右腕がベールを脱いだ。24日の第87回選抜高校野球大会4日目。MAX152キロ右腕の県岐阜商・高橋純平(3年)が松商学園戦で登場した。結果は2安打1失点で完投勝ち。唯一、許した失点も味方の失策絡みで自責ゼロ。11三振を奪う圧巻の甲子園デビューとなった。

 特に観衆を沸かせたのが、初回、先頭打者を相手に叩き出した150キロの剛速球。その迫力は大会NO1投手の評判に違わぬものだった。

 しかし、敗れた松商学園ナインからは意外な言葉が漏れてきた。150キロストレートだけじゃない高橋の凄さを体感したという。

「ストレート自体は思っていたより、速くなかった」

 打席に立った選手は試合後、一様に同じ感想を並べた。負け惜しみの様子はない。それもそのはず。チームは対戦決定後から打撃投手を5メートル近づけ、練習を繰り返してきた。体感は150キロを超えていただろう。試合では全選手がバットを指2~3本分、短く持っていた。

 速球への対策は施していた。では、なぜ打てなかったのか。県岐阜商バッテリーが最も警戒する打者に挙げていたリードオフマン・百瀬雅也(3年)が要因に挙げたのは、意外な球種だった。

人気記事ランキング