野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 自身初の開幕投手へ 中日・山井大介が秘める魅力

自身初の開幕投手へ 中日・山井大介が秘める魅力

シーズンの流れまでを変えるようなピッチングも、この男なら出来るかもしれない。中日は27日に阪神との開幕戦を迎える。自身初の開幕投手の大役を射止めたのは、ベテランの山井大介だ。

中日

自身初の開幕投手を任されたベテラン山井

 シーズンの流れまでを変えるようなピッチングも、この男なら出来るかもしれない。中日は27日に阪神との開幕戦を迎える。自身初の開幕投手の大役を射止めたのは、ベテランの山井大介だ。

 吉見、大野らとの競争を制した形となったが、順当な結果ともいえる。昨季は13勝5敗、防御率3・21で、最多勝と最高勝率(7割2分2厘)の投手2冠に輝いた。就任1年目は、前年わずか1勝の川上を開幕投手に指名するサプライズを見せた谷繁元信選手兼任監督も、2年目は「昨年2冠だし、若い投手を引っ張ってくれている」と実績を重視したことを明かしている。

 遅咲きの右腕だ。昨季の13勝がキャリアハイ。プロ13年目、36歳で初の2桁勝利到達は、プロ野球最年長記録だった。

 シーズンを通して1軍でプレーしたのは、11年目の2012年が初めて。この年は先発、中継ぎ、抑えとフル回転。56試合に登板したが、それまでは度重なる故障や好不調の波の激しさから、7勝が最高。数字を追い求めるよりも、「1年間、1軍で活躍したい」という思いが何よりも強かった。

人気記事ランキング