野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • ソフトバンク、日本一連覇の鍵は? 注目の「新クリーンアップ」と先発陣

ソフトバンク、日本一連覇の鍵は? 注目の「新クリーンアップ」と先発陣

見所たっぷりの143試合。ペナントをかけた長く険しい戦いの火ぶたが、切って落とされる。

ソフトバンク・内川聖一【写真:編集部】

工藤新監督が再編した「新クリーンアップ」はどこまで機能するのか

 3月27日、2015年のプロ野球がついに開幕する。広島に黒田博樹が、ソフトバンクに松坂大輔が加わり、メジャーリーガーの日本球界復帰で、キャンプから一際盛り上がりを見せている今季。昨季、覇権を逃したオリックスが大型補強を敢行し、日本ハムの大谷は二刀流に磨きをかけて初の開幕投手も務める。見所たっぷりの143試合。ペナントをかけた長く険しい戦いの火ぶたが、切って落とされる。

 昨季、日本一に輝いたソフトバンク。勇退した秋山幸二前監督に代わり、今季は工藤公康監督が就任した。松坂も加わり、2年連続への日本一を目指す15年シーズン。連覇へのカギはどこになるか。投打に分けて分析してみたい。

 昨季、パ・リーグトップの破壊力を誇った打線は今季も健在。その中で、工藤監督が再編した「新クリーンアップ」がどこまで機能するか、は今季を占う大きなポイントになるだろう。

 昨季の開幕戦では3番内川、4番李大浩、5番長谷川だった中軸。その後、李大浩は144試合で4番に座った。それが今季は3番柳田、4番内川、5番李大浩の並びでシーズンのスタートを切る。オープン戦から様々な並びをテストする中で、たどり着いた指揮官の理想形。どうすれば効率的に得点出来るか、相手投手にプレッシャーをかけられるか、を突き詰めた結果のクリーンアップだ。

人気記事ランキング