野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 巨人・菅野、左腕に死球直撃も7回1失点の力投! 2年連続で開幕戦白星

巨人・菅野、左腕に死球直撃も7回1失点の力投! 2年連続で開幕戦白星

7回を7安打5奪三振1四球、1失点の力投を見せ、今季初勝利をマーク。4連覇を狙うチームを3-2の白星スタートへと導いた。

巨人

亀井が今季1号、高橋由も補殺で右腕を援護

 巨人の菅野智之投手が2年連続で開幕投手を務めた27日のDeNA戦(東京ドーム)で7回を7安打5奪三振1四球、1失点の力投を見せ、今季初勝利をマーク。4連覇を狙うチームを3-2の白星スタートへと導いた。

 初回、先頭の石川をフォークで空振り三振に仕留めると、2番桑原をライトフライ、3番梶谷をレフトフライと、三者凡退に打ち取る。

 その裏、巨人は相手先発の久保を攻める。先頭の新主将、坂本がレフト前ヒットで出塁。井端のショートゴロで1死2塁とすると、続く3番の長野がレフトへフェンス直撃のタイムリー2塁打。早々と先制点を奪った。

 巨人打線は止まらない。2回、先頭の6番高橋由が四球を選ぶと、直後、5年ぶりに開幕スタメンに名を連ねた亀井がライトスタンドへ初打席初本塁打。2点を加えた。

 その後、小林が四球で出塁したところで打席に立った菅野をアクシデントが襲う。バントの構えを見せたところに、久保が投じたボールが左腕を直撃。巨人ベンチも騒然となった。しかし、菅野は1度は顔をゆがめてうずくまったが、そのままプレーを続行した。

 菅野は死球の影響を感じさせず、4回までパーフェクトピッチング。しかし5回にDeNA打線につかまる。先頭の4番筒香に真ん中へのスライダーをライトスタンド上段へと運ばれて失点。その後、3連打を浴びて無死満塁に。しかし、ここで右腕は踏ん張る。8番黒羽根をライトフライに打ち取ると、代打井出を空振り三振、石川をピッチャーゴロに仕留めてピンチを切り抜けた。

 菅野は6回1死2塁の場面でも筒香をセカンドゴロ、ロペスを空振り三振に仕留めて渾身のガッツポーズ。7回も1死満塁のピンチを迎えたが、石川のレフトフライを高橋由が本塁へ好返球し、無失点で抑えた。この回までに111球を投げた右腕はその裏の攻撃で代打を送られて降板となった。

 巨人は8回に山口、9回に新守護神・澤村と継投。澤村が2死から関根にソロ弾を浴びるも、リードを死守。菅野は2年連続で開幕戦白星を飾った。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング