野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 大谷が自身初の開幕投手も、ふくらはぎの異常で6回途中に緊急降板

大谷が自身初の開幕投手も、ふくらはぎの異常で6回途中に緊急降板

日本ハムの大谷翔平投手が27日、札幌ドームでの楽天戦で自身初の開幕投手を務めた。6回途中まで1失点と好投を続けていたが、右ふくらはぎの異常を訴えて緊急降板。まさかの形でマウンドを降りた。

20150224_otani

5回2/3を3安打1失点6奪三振も、ふくらはぎをつって降板

 日本ハムの大谷翔平投手が27日、札幌ドームでの楽天戦で自身初の開幕投手を務めた。6回途中まで1失点と好投を続けていたが、右ふくらはぎの異常を訴えて緊急降板。まさかの形でマウンドを降りた。

 大谷は初回に2番・ウィーラーへの5球目にいきなり159キロをマーク。無失点でスタートを切った。しかし、2回は制球が安定せず、無死満塁のピンチを招く。1死から藤田に右邪飛で犠牲フライを許し、ノーヒットで楽天に先制を許した。

 3回もコントロールの乱れが目立ったが、無失点に抑える。4、5回は立ち直り、三者凡退に仕留めた。

 しかし、6回に松井稼に左前打を許し、2死1、2塁とされたところで異常を訴え、いったんベンチに戻った。すぐにマウンドに戻ったが、投球練習の間に右足を気にする仕草を見せ、投手コーチがベンチに向かってバツ印を出して降板となった。

 150キロ台後半の直球を連発するなど、初回から飛ばしていた大谷。プロ3年目で自身初となる開幕投手を任され、しっかりと試合を作ったが、アクシデントで緊急降板となった。5回2/3を投げて3安打1失点。打者24人に92球を投じ、6奪三振、3四球という内容だった。

 球団発表によると、大谷は右ふくらはぎがつったために大事を取って降板。アイシングとストレッチを行い、その後はベンチから戦況を見つめた。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング