野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 左腕に死球直撃の巨人・菅野、「強い気持ちで」7回1失点の粘投

左腕に死球直撃の巨人・菅野、「強い気持ちで」7回1失点の粘投

4連覇を目指す巨人が27日、東京ドームでの開幕戦でDeNAを3-2で下し、白星発進を飾った。

巨人

今季1号の亀井は「覚えてない」

 4連覇を目指す巨人が27日、東京ドームでの開幕戦でDeNAを3-2で下し、白星発進を飾った。2年連続で開幕投手を務めた菅野智之が7回を7安打5奪三振1四球1失点と粘投。5年ぶりに開幕スタメンに名を連ねた亀井善行外野手も2ランを放ち、勝利に貢献した。

 4回までパーフェクトピッチングを見せた菅野は5回と7回に満塁のピンチを迎えながら、高橋由の補殺などにも助けられ、1失点に抑えた。2回の打席で左腕に死球を受けるアクシデントもあったが、見事にチームを勝利へと導いた。試合後のお立ち台では死球について「途中で降りるわけにはいかないんで、強い気持ちで最後まで投げ抜こうと思って投げました」と振り返った。

 また、1点リードの2回無死1塁の場面でライトスタンドへ2ランを運んだ亀井は「覚えてません。必死だった」。オフに右肘などの手術を受け、一時は開幕が危ぶまれた長野久義外野手も初回に先制のタイムリー2塁打を放ち、お立ち台の上で喜びを噛みしめていた。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング