野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

開幕戦勝利の裏にあった巨人・井端の献身

見どころが詰まった巨人とDeNAの開幕ゲーム。ヒットにはならなかったが、2番に座った井端弘和内野手の貢献も、忘れてはならない。

巨人

長野の適時二塁打につながった井端の粘り

 エース菅野智之が7回1失点のナイスピッチング。長野久義外野手の復活劇。亀井善行外野手のチーム1号ホームラン。高橋由伸外野手の好返球からのホーム阻止。新守護神・澤村拓一のセーブ……。見どころが詰まった巨人とDeNAの開幕ゲーム。ヒットにはならなかったが、2番に座った井端弘和内野手の貢献も、忘れてはならない。

 相手は超高速クイック投法を仕掛けてくる久保康友投手。昨年6度対戦して1勝しかできなかった投手が相手だった。この投手をいかに攻略するかが巨人の開幕戦勝利への鍵だった。

 先制タイムリーは1回裏1アウト2塁からの長野のフェンス直撃の二塁打だった。先頭打者の坂本勇人が高めに浮いたカーブをレフト前ヒット。ノーアウトのランナーが出た。しかし、原監督は簡単に送りバント、というサインは出さなかった。2番・井端はヒッティングだった。

 ファウル、ファウル、ファウル……、久保がクイックなどでタイミングを崩しにかかるボールを右方向へカットしていく。ぎりぎりまでひきつけてファウルするという高い技術で、ボールを投げさせた。なんと2球目から5球続けてファウルを打った。粘った9球目に、一塁走者の坂本を進める進塁打のショートゴロ。この粘りが大きかった。

人気記事ランキング