野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 黒田、メジャーの経験詰まった1勝 対戦相手が明かした意外な印象とは

黒田、メジャーの経験詰まった1勝 対戦相手が明かした意外な印象とは

黒田がまたもヤクルト打線を上回った要因は何だったのか。

20150315_kuroda

OP戦でも対戦したヤクルト、研究重ねてきた相手を黒田が上回ったものとは

 広島の黒田博樹投手が29日、日本で2740日ぶりとなる白星を挙げた。本拠地でのヤクルト戦で今季初先発し、7回5安打無失点、5奪三振、1四球と快投。広島は救援陣がリードを守りきり、メジャーリーグから8年ぶりに日本球界に復帰した黒田に1勝がついた。

 ヤクルトとは8日のオープン戦初登板で対戦。その時は4回1/3を無安打無失点3奪三振で、打者13人をわずか39球で料理するという完璧な内容だった。左打者の内角ボールゾーンから変化してストライクとなるツーシームにヤクルトの打者は驚愕。その際、メジャー仕込みの「フロントドア」で見逃し三振に打ち取られた藤井は「初めて見ました。すごい軌道でした」と話していた。

 3週間前は、黒田にとって復帰後初となる対外試合での登板だった。しかし、それから時間が経過。ヤクルトはこの日の一戦に向けて研究を重ねてきたはずだったが、封じ込まれた。

 黒田がまたもヤクルト打線を上回った要因は何だったのか。実際に対戦した打者の声を聞いてみると、40歳のベテランがシーズンに入って1つギアを上げてきたという事実が浮かび上がってくる。

人気記事ランキング