野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 今季の新外国人投手の期待度は? 大器の片鱗を感じさせる西武の郭俊麟

今季の新外国人投手の期待度は? 大器の片鱗を感じさせる西武の郭俊麟

ここ数年大物選手の来日が続いたこともあって、今年NPBにやってきた新外国人選手には小粒な印象を受ける。しかし、ビッグネームは少ないが個性派ぞろいではある。彼らの活躍を記録に着目して検討してみた。

20150330_kaku

【投手編・後編はこちら】 | 【野手編はこちら】

期待度大のバンデンハーク、課題はチーム内の競争を勝ち抜けるか

 ここ数年大物選手の来日が続いたこともあって、今年NPBにやってきた新外国人選手には小粒な印象を受ける。しかし、ビッグネームは少ないが個性派ぞろいではある。彼らの活躍を記録に着目して検討してみた。

○リック・バンデンハーク投手(ソフトバンク)

 2009年のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)ではオランダ代表として出場し、昨年(2014年)は韓国リーグの最優秀防御率投手となった。昨年巨人でプレーしたクリス・セドン投手は、同じ韓国で一昨年(2013年)に最多勝投手となっている。近い時期に、近い環境で好成績を残したバンデンハーク投手とセドン投手の成績を比較する。

20150330_delta01
韓国で活躍したセドンとバンデンハークの比較

 防御率や投球回、勝利数はセドン投手の方が優れているが、細かい投球内容ではバンデンハーク投手が上回っている。昨年のセドン投手のNPBでの成績は、三振を奪う頻度(9回当たり6.4個)、四球を与える頻度(9回当たり3.5個)は両方とも平均レベルを割っており、その影響もあって登板機会は増えず、成績を伸ばせなかった。

 バンデンハーク投手は、奪三振や与四球で明らかにセドン投手を上回っている。特に三振については、米マイナー3A級通算で9回当たり7.4個(485.2回)、米メジャー通算で8.8個(183.2回)と、レベルや国を問わず安定した割合で奪えており、日本でも三振を奪っていく投球を見せる可能性は高そうだ。不安な点を挙げるなら、厚いソフトバンクの先発ローテーションの枠に入り込めるかだろう。ケガの影響で出遅れた右腕は、開幕は二軍スタートとなった。

人気記事ランキング