野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 上原浩治
  • 田中将大の今季は14勝以上? 米ブックメーカーが予想

田中将大の今季は14勝以上? 米ブックメーカーが予想

メジャーリーグの2015年シーズン開幕が迫る中、米国の大手オンラインブックメーカー「ボバダ」が個人成績の予想ボーダーをつけている。

20150330_tanaka

田中と岩隈に10勝を超える予想

 メジャーリーグの2015年シーズン開幕が迫る中、米国の大手オンラインブックメーカー「ボバダ」が個人成績の予想ボーダーをつけている。各選手のレギュラー・シーズンにおける個人成績について基準値を設け、実際の成績がそれを上回るか下回るかを予想させるというもの。日本人では4選手が対象となり、それぞれの勝利数やセーブ数、盗塁数などについて基準値が設けられている。

 ヤンキースで開幕投手を務めることが決まった田中将大投手は、勝利数14.5、防御率3.10と予想されている。

 2014年シーズンは右肘靭帯部分断裂によって約2か月半、離脱。結局、20試合の登板に留まったものの、前半戦の好投により13勝、防御率2.77を記録した。今月27日にはジョー・ジラルディ監督から、日本人4人目となる開幕投手の大役を直接通達され「光栄なこと」と話していた。

 日本人先発投手で対象となったもう一人はマリナーズの岩隈久志投手。勝利数は12、防御率は2.69と予想されている。

 チームでは「キング」ことエース右腕フェリックス・ヘルナンデスとの二枚看板としてメジャー屈指の安定感を誇る岩隈は「コントロール・アーティスト」とも称される第2のエース。昨年は右手中指の負傷で4月を棒に振り、終盤には失速したものの自身メジャー最多の15勝(9敗)と防御率3.52を記録していた。また2013シーズンは14勝(6敗)、防御率2.66をマークしている。

人気記事ランキング