野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

好投手が揃う選抜ベスト4 エースを打ち崩すリードオフマンは誰だ

決勝進出に向け、相手エース攻略は必須。その中で、打線の流れを生み出すリードオフマンの役割は、いつも以上に大きくなるだろう。

full-count18

好調をキープする敦賀気比の1番・篠原

 第87回選抜高校野球大会は、いよいよベスト4が出揃い、31日に大阪桐蔭-敦賀気比、浦和学院-東海大四の準決勝2試合が行われる。

「春は投手力」の格言通り、プロ注目右腕の敦賀気比・平沼翔太ら、4校とも絶対的なエースを擁し、うち3校は全3試合を1人で投げ抜いている。

 決勝進出に向け、相手エース攻略は必須。その中で、打線の流れを生み出すリードオフマンの役割は、いつも以上に大きくなるだろう。

 ファイナル行きの切符をつかむのはどの学校になるのか。準決勝を展望し、打線の“顔”となる1番打者を比較したい。

○大阪桐蔭-敦賀気比

 大阪桐蔭の2年生リードオフマン・中山遥斗は11打数1安打(打率.091)と4校進出校で最も元気がない。後を打つ2番・永廣知紀の調子が良く、カバーはできている。しかし、敦賀気比のエース・平沼が相手では、4番・青柳昴樹など好打者が揃う強力打線でも、そう簡単に集中打を望めない。中山が復調し、活性化させたいところだ。

 一方の敦賀気比の1番・篠原涼は好調をキープする。選手宣誓を務めた主将は10打数4安打(打率.400)と安定した成績を残している。168センチと小柄だが、2回戦の仙台育英戦では大会屈指の好投手・佐藤世那から先制点につながる安打を放った。打者としてもプロ注目である平沼が4番に座るだけに「篠原が出塁し、平沼がかえす」展開に持ち込みたい。

人気記事ランキング