野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ソフトバンクの新クリーンアップがそろい踏み 新設「HRテラス」に3発!

ソフトバンクは投打が噛み合い、オリックスに7-0で快勝した。3番・柳田、4番・内川、5番・李大浩が今季1号をマーク。新クリーンアップがそろい踏みで、勝利に導いた。

ソフトバンク

柳田、内川、李大浩がいずれもテラス席に今季1号、オリックスに快勝

 ソフトバンクは投打が噛み合い、オリックスに7-0で快勝した。3番・柳田、4番・内川、5番・李大浩が今季1号をマーク。新クリーンアップがそろい踏みで、勝利に導いた。

 まずは柳田が魅せた。初回。2死走者なしで相手先発・西の直球を左中間に運んだ。今季から、本来のフェンスの手前に新設された「ホームランテラス」に飛び込む先制ソロに「打ったのはまっすぐ。先制の1本。今季初ホームラン。嬉しいです」と喜んだ。

 2回には李大浩も続く。先頭打者として打席に立ち、西の真ん中付近へのシュートを捉えた。これは本来のフェンス上部に当たり、またも「ホームランテラス」に入るソロ。貴重な追加点となった。「打ったのはシュート。インサイドをうまく捌けたと思う。打球の角度も良かったし、いい一打だったね」。自画自賛の一発となった。

 そして、一発攻勢を締めたのは4番の内川だ。5-0で迎えた5回。無死1塁で西のど真ん中への直球を右中間へ持っていった。打球は三たび「ホームランテラス」に着弾。とどめの2ランとなった。

「打ったのは真っすぐ。点差はついてましたが、気持ちを緩めないように、行けるところまで行こう、と気合入れてました。やっと出ましたね、最高です」

 新設された「ホームランテラス」への3発の“競演弾”。新クリーンアップが改修した本拠地の特徴を最大限に活用し、今季1号そろい踏みで圧勝劇を演出した。ヤフオクドームで日本一球団と戦うチームにとって、強力打線は今年さらなる脅威となりそうだ。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング