野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

巨人・阿部に続く存在は? 「球界NO1捕手」の称号を引き継ぐのは誰だ

阿部が再び一塁に戻る時、その称号を引き継ぐ選手は誰なのか。

20150409_shima

野球解説者の野口氏が挙げる候補者、最有力は侍ジャパンの大黒柱?

 今季開幕から一塁にコンバートされていた巨人の阿部慎之助が、新加入の相川亮二の故障離脱を受けて捕手に復帰した。原辰徳監督の大きな決断で、巨人は安定感を取り戻したように見える。阿部が生き生きとプレーする姿も印象的だ。「球界NO.1捕手」の肩書は、やはりこの男にふさわしいと言えるだろう。

 では、阿部が再び一塁に戻る時、その称号を引き継ぐ選手は誰なのか。各チームでレギュラーを任される若手捕手が台頭してきている中、球界を引っ張ることができる選手はいるのだろうか。

 ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜と4球団で捕手として活躍してきた野球解説者の野口寿浩氏は「やっぱり総合的に全ての部分をトータルで考えると、一番いいのは楽天の嶋君かなという気はしますよね」と話す。侍ジャパンでも大黒柱として活躍する嶋は、攻守両面でハイレベルだという。

「バッティングでは大きいのはないけど、毎年3割近く打つし、右に打たせれば天下一品。打つ方で結果を出せれば、守りにも少し余裕が出るというのは、僕が現役の頃もそうでした。プラス、彼には野村さんのレシピといいますか、そういうものがありますから。すごくいいキャッチャーになったなと思って見てます。侍ジャパンの中で彼は外せない選手になりましたよね」

 楽天ではルーキー時代から野村克也元監督の厳しい指導を受け、リード面を磨いてきた。それが、嶋の最大の強みであることは確かだ。

「打者と何回も対戦していく中で、自分の中でデータも蓄積されているはずだし、そのデータの活かし方も野村さんから教わっているはずなので。楽天は投げる方に少し問題があるので、チーム成績が上がらないこともありますけど、その中で理にかなったリードをしますよね」

 投手力が決して高いとはいえない楽天だが、それを牽引する嶋のリードには光る部分があるという。そして、ヤクルト時代に野村元監督の元でプレーした経験を持つ野口氏は、実は名将が去った後に、厳しい指導の成果が出てくると説明する。

人気記事ランキング