野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 広島・野村が巨人・菅野と“同級生対決”制し2勝目! 「最高です」

広島・野村が巨人・菅野と“同級生対決”制し2勝目! 「最高です」

広島の野村祐輔投手が6日、本拠地での巨人戦で先発し、今季2勝目(2敗)をマークした。この日は巨人・菅野智之投手との同級生対決となり、7回を5安打8奪三振1失点と好投。打線も菅野から4点を奪い、今季初の同一カード3連勝を飾った。

広島カープ

広島は今季初の同一カード3連勝

 広島の野村祐輔投手が6日、本拠地での巨人戦で先発し、今季2勝目(2敗)をマークした。この日は巨人・菅野智之投手との同級生対決となり、7回を5安打8奪三振1失点と好投。打線も菅野から4点を奪い、今季初の同一カード3連勝を飾った。

 広島は初回、東海大相模高-東海大で菅野と同級生の1番田中がいきなりライトへの二塁打を放ち、これを足がかりに2点を奪取すると、3回にも2点を追加。一方の野村は5回まで無失点投球を続け、6回に1失点を喫するも、7回1死一、二塁のピンチで代打・高橋由をショートフライ、村田を空振り三振に仕留め、8回以降を救援陣に託した。

 試合後、リードを死守した一岡、初セーブの中崎とともにお立ち台に上がった野村は「最高です」と声を張り上げ、「初回から点を取ってくだっさったので思い切りいきました」と自身の投球を振り返った。

 4月8日の巨人戦以来となる白星で今季2勝目。「この1勝? すごく大きい」と満面の笑みを浮かべていた。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング