野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

人気のタグ

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 強い覚悟で臨むプロ6年目 菊池雄星はいかにして進化を遂げつつあるのか

強い覚悟で臨むプロ6年目 菊池雄星はいかにして進化を遂げつつあるのか

「もう6年目。モタモタしていられない。覚悟を持って今年が勝負です」今年1月の始動時。決意を込めた西武・菊池雄星投手が今、変貌を遂げようとしている。

変貌遂げつつある左腕、プロ6年目にして見せる進化の跡

 この世界でポテンシャルを眠らせたまま、消えゆく星は多い。162キロ右腕の日本ハム大谷が少年だった時代、同郷の岩手で3歳上だった左腕は間違いなく怪物だった。だが時は流れ、プロの世界で先に怪物たるポテンシャルを爆発させたのは二刀流の後輩が先だった。元祖怪物はプロ4年目に9勝を挙げ、片りんを見せたが完全開花には至らなかった。

「もう6年目。モタモタしていられない。覚悟を持って今年が勝負です」

 今年1月の始動時。決意を込めた西武・菊池雄星投手が今、変貌を遂げようとしている。

 オフ明けの菊池の変化は一目瞭然だった。184センチの長身が筋肉質な体重100キロのボディーでまとわれていた。10年の入団時は82キロ。暴飲暴食はせず、ウエートで変身した。1日3~4時間、背筋と臀部を重点的に負荷をかけた。練習量につなげることが目的だった。「疲れにくくなる。体の強さが出てくれば、いっぱい練習できる」。目的意識は明確だった。

 キャンプでは4日目に左肘痛を起こし、調整プランが大きく狂った。実戦機会は失ったが、フォーム矯正にまい進した。投球時に踏み出す右足がインステップする癖があったが、1センチずらして修正。力が正しく伝道するベクトルを定めた。

 過去に左腕のリリースポイントを何度も変えた。オーバースローとスリークオーター気味の範囲の中で試行錯誤した。だが昨秋から1軍投手コーチに就任した土肥コーチは、ただ土台だけを見つめていた。「きっちりとした股関節の移動ができていれば、上半身は勝手についてくる。腕を振る位置も自然と定まってくる」と理論を説く。

人気記事ランキング